ごあいさつ

■院長あいさつ

宇都宮院長

私は大学院卒業後、他院にて勤務し実績を重ねる所存でしたが、父の他界により4年で帰高し院長に就任いたしました。本来の消化器外科というよりは、内科・整形外科的な疾患を診ながら、紆余曲折を経て、現在の療養型病院となりました。

療養病棟というのは医師と看護師だけで成り立つものではありません。リハビリ科、栄養科、放射線科、介護士、事務科など、多くのスタッフとのチームワークの世界です。

この度、ホームページを作成しましたのは、長年築き上げてきた病院の姿を、多くの皆様に知っていただきたいというのが大きな動機です。消化器、呼吸器疾患、入院相談など、是非ともお気軽にご来院下さい。

医療法人博信会 中ノ橋病院
院長:宇都宮 博史

■看護師長あいさつ

菊池看護師長

看護部では、主に老年期の方々を医療療養・介護療病棟で看護・介護させていただいています。

「病院は医療・看護の力で変わる」をモットーにして、患者さんや家族へ「気づかいを伴った看護・介護」、「気づかいの職場」を目指しています。

患者さんの生活を支援するあなたを、患者さんに寄り添えるあなたを歓迎いたします。

医療法人博信会 中ノ橋病院
看護師長:菊池 文枝

看護部理念と基本方針

■看護部の理念

患者さんの尊厳と権利が守られ満足した療養生活を送れるよう看護・介護を提供します。

■看護部の基本方針

  1. 患者さんを中心に考えてケアの実践に努めます。
  2. 患者さんの価値観、習慣、信念を十分配慮した看護・介護を提供します。
  3. 患者さんが安全・安楽に過ごせるよう環境を整えます。
  4. 他職種と患者さんの情報を共有し、常に密な連携をとれるようにします。
  5. 地域との連携を密にし、在宅復帰ができるように調整・支援します。
  6. キャリア開発、質の高い看護・介護を目指し、自己研鑽に努めます。
ページトップへ